梅田貨物駅移転問題

たかがブログ、されどブログ。


毎日気ままに更新させていただいています。





ただですね、こんなブログでも一般に公開していろいろな方の目にとまっているわけで、あまり中途半端な発言はできないです。思いつくまま書き込んでいたらかなり無責任なサイトになってしまいそうだし、自分が明確な意見を持てていない話題についてはなるべく記事にしないようにしたり、いろいろ突っ込まれそうな意見は述べないようにしています(笑)。僕のスタンスは「変わりゆく街並みの傍観者」、あくまでもただの梅田ウォッチャーなのだ。 ←実はコレ、弱気な僕の逃げ文句でもあります(笑)








実は先日からどう記事にしていいのか迷っていたニュースがあります。


『梅田貨物駅の一部移転 環境影響評価書を提出−−候補地の吹田、摂津両市に 』Mainichi INTERACTIVE





梅田の再開発については大きく華やかに報道されますが、梅田貨物駅の移転問題については取り上げられる事が少ないです。





※大阪市内の別の貨物駅(百済貨物駅)と吹田市にある操車場跡地に現在の梅田貨物駅の機能を半分ずつ移転させるという現在の計画に、公害発生のおそれがあるからと移転先近くの住民の方から反対の声があがっているというのがこの移転問題です。





何年も話し合いは続けられているようですが解決には至っていません。当然この話し合いの着地点が決まらないと北ヤードの再開発は実際に着工できないわけですが、再開発のプランがまず先行して進められている状態です。(梅田貨物駅、移転、百済、吹田、このあたりのキーワードで検索すればいろいろな関連ページにヒットします。よろしければどうぞ)


当然、環境へは最大限配慮した移転を計画してほしいものです。
梅田北ヤード再開発 > ・梅北(うめきた) 〜2009 | 2005.01.23 Sun | 09:52 | コメント (8) | トラックバック (0)

梅田貨物駅移転問題