<< リニューアル甲子園球場2009 その2 | main | 田 >>

チャスカ茶屋町/茶屋町東地区/梅田ゲートタワー

090525_018
茶屋町。今日は先月記事のその後です。

090525_025
ずっと“仮称”のアーバン茶屋町プロジェクトでしたが、こちらのブログによると建物名は「CHASKA CHAYAMACHI(チャスカ茶屋町)」と決まったそうです。→概要(PDF)

090525_049
一方こちらは新御堂筋を挟んだ東南方向。梅田ゲートタワーの鉄骨がどんどん高くなっています。

090525_042
そして、この1ヶ月で大きな変化があったのが「茶屋町東地区」です。「ちいさいおうち」は、先月の記事のあとすぐに取り壊されました(‥‥あっけなかった^^;)。

090525_054b
鉄骨が組まれ、地下を掘り下げています。

この鉄骨は建設される建物のものでなく、地下を深く掘り下げていくための支えで「山留」「棚杭」という名称らしいです(こちらで知りました→陽は西から昇る! 関西のプロジェクト探訪)。


090525_035
じゃんじゃん掘り下げて、土砂はトラックがどんどん運び出していきます。

090525_084
結構なボリュームの鉄骨‥‥

ちなみに地上を歩いていても、高い仮設塀があるので現場の様子は見えません。大阪駅前もそうなんですが、こういった「日常」と「非日常」の風景が入り乱れた様子を俯瞰するのも再開発ウォッチングの楽しいところです。


[おまけ]
090525_078
あ。同じく街の変化を眺めている奴らがいた。
毎日放送の「らいヨンちゃん」と「ぷいぷいさん」です^^




今日もポチッと応援よろしく!
■梅田界隈 > ・茶屋町 | 2009.05.26 Tue | 12:00 | コメント (14) | トラックバック (0)

チャスカ茶屋町/茶屋町東地区/梅田ゲートタワー






Comments

こんにちは、
梅田・茶屋町界隈の大規模な建設ラッシュの光景は新幹線開業前後〜平成にかけての埼玉・大宮駅西口界隈や数年前のミナミ界隈、そして近年〜今に至る東京・丸の内〜大手町界隈のそれを私は思い出してしまいます。
なにせ茶屋町の雰囲気はかつての埼玉の大宮駅西口周辺と同じくゴミゴミしてたイメージやったのに、私が大阪に住んでた頃からこの界隈は少しずつ変化しつゝあったものゝ、私が大阪を去るまではさほど大きくは変化してなかったです。
それが写真のように大きく変わってしまうとは・・・・・!?
それはともかく、私が考える次の「ちいさなおうち」のターゲットはもしかしたら茶屋町再開発の空白域にあるMBS裏の北消防署庁舎=望楼つき=かも知れませんね。
ほな、この辺にて失礼します。
おくらと | 2009/05/26 12:52 PM
こんにちは。
さすがゴリモンさん。最後の写真はバケットが開いた瞬間を激写!
チャスカの山止支保工と乗入構台、なかなかええ感じですね。
これからもリポートよろしくお願いします!
トラ建設 | 2009/05/26 01:07 PM
茶屋町はどんどん変っていますが、しかし、非常に気になるのがやはりヤンマー近くにある梅田東学習ルームでしたっけ、あの建物と隣の駐車場。
あんな素晴らしい立地にこれはないなぁと、公社の無駄遣いに呆れています。
本来この建物(正式には道路を挟んで二つ)から再開発のターゲットにしていくべきでしょう?
回りが美しくお洒落になっていくのになんと景観を悪くしている事か。
この辺りは阪急梅田の駅前に当たるのですよね。
それを考えたら汚い雑居ビルや大きすぎる平面駐車場や手入れを全くしていない公社の建物なんてあって欲しくはないですよ。
折角の一等地、それに相応しい街作りを考えて欲しいですねぇ。
チコ | 2009/05/26 02:05 PM
茶屋町には、実は一度も行った記憶がないと思いますが、毎日放送(MBS)が千里から移ったのはハッキリ覚えてます!
MBSといえば、浜村淳さんの番組 「ありがとう浜村淳」はかれこれ30年以上の大長寿なんですね!ABCの 「おはようパーソナリティー」も道上洋三さんが30年以上になりますが、その前に中村鋭一さんが喋ってたというのでタイトルから考えると半世紀近くになるそうです!
大阪駅というと、常にアクティー大阪ばかり眼をやってしまってたボクをお許し下さい!茶屋町という地名を覚えておきます!
なっき | 2009/05/26 02:29 PM
最後の写真、
らいおんは確実に工事現場を見てる!
ウメダ族 | 2009/05/26 02:34 PM
「CHASKA」で「CHA(GE&)ASKA」を思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか。しかも「安藤(アンドー)忠雄」やし。
つまらないダジャレをば、失礼しやした。
完済人 | 2009/05/27 01:38 AM
どもどもです。

≫おくらとさん
あんまり東京や関東の風景にたとえるは好きではないですが、僕は何となく六本木のような感じもします。
お洒落な場所があって放送局があって、そして何より昔ながらの下町が所々に残っていて‥‥って感じ。違うかな。
北消防署庁舎は「望楼」なるものがあるのですか。ちゃんと見とこ‥‥

≫トラ建設さん
あ。細かいところに気付いていただけた♪
何枚かボツ写真が出てしまったけどようやく撮れました1枚です。

≫チコさん
茶屋町のあの場所は確かにもったいないですねー。
余裕なく空いた土地すべてが再開発になるのも問題でしょうが、今の大阪市がそういう土地を持ち続けるのも‥‥ですね。
余談ですが、僕的には大阪北小学校(旧曽根崎小学校)跡も同様です。でも難波駅前にある旧精華小学校は残してほしいかなー。

≫なっきさん
「ありがとう浜村淳です」は1974年に放送開始だそうで。凄い。
僕も「おはようパーソナリティー」といえば道上洋三さんですが、中村鋭一さん時代も何となく憶えてますよ。
茶屋町は“JR大阪駅前”からは少し距離のある“阪急梅田駅前”ってとこかな。以降お見知り置きを♪

≫ウメダ族さん
確実に見てます^^;

≫完済人さん
そうね。CHA(GE&)ASKAちゃいますか? ちゃうっすか? チャゥッスカ? チャスカ!
ばんざーい。
ゴリモン | 2009/05/27 12:35 PM
茶屋町周辺だけでもこれだけのビル建設ラッシュとはビル好きの私としては見ごたえがある現場です。
茶屋町には10年前に初めて訪れましたが、その当時と比べて古い建物がドンドン壊され再開発が進んでいく街をみていくとまだまだ変貌していくでしょうね。
チコさんのおっしゃるとおり梅田東学習ショールーム周辺が整備されればまた、面白いエリアに変貌していくでしょう。
それにしても再開発される話はないのですかね?
キンキ | 2009/05/28 09:48 PM
キンキさん、どもです。
確か大阪市の売却リストには入っていると思います。だけどこのご時世ですし、
買い手が見つかるのも再開発があるのもまだ先でしょうね。まだ当分は学習ショールームのままになるんじゃないでしょうかね。
あと、あの一帯は東西道路が拡幅される計画もあります。僕的にはそっちの方がどうなるかがまず気になってますです。
ゴリモン | 2009/05/29 09:25 AM
ゴリモンさん、前回の書き込みの中で間違った事を書いたので訂正します。
浜村淳さんの番組の中で、おはようパーソナリティーの事を半世紀続いてると書いてしまってゴメンナサイ!中村鋭一さんのおはようパーソナリティーは、1970年が開始だそうです!(つまり、万博のあった年ですネ)だから、来年が40周年になるんですね!
さて、茶屋町に移ったMBSですが、ボクの記憶の中でも数多くの名番組が思い出します!ヤングタウンに夜はクネクネ、あどりぶランド、突然ガバチョ、モーレツしごき教室などなど時間の都合上イッパイ書けないのが残念なんですが、現・大阪市長もキャスターを務めたMBSナウは、関西各局の夕方のローカルニュースではよく見てたなぁ〜っていう印象があります。それから、MBS開局の年から2003年(2004年だったかな?)まで続いた真珠の小箱も近鉄電車のいい宣伝になりました。そういえば、いつの日からか、特急電車が止まる駅の場合は、近鉄特急で、というフレーズが流れたような!
ゴリモンさんの印象に残ってるMBSの番組は何ですか?
なっき | 2009/05/29 03:12 PM
なっきさん、どもです。突然ガバチョ‥‥久しぶりに聞いた。懐かしい^^;

僕の好きだったMBSの番組といえばもう「テレビのつぼ」ですね。毎日夜更かししてました。ハガキを送ってテレつぼステッカーとかもいただいてたなー。
あとラジオでは「ホットのしゃべって当てましょう」です。昔から横山ホットブラザーズが大好きなもんで♪
復活してほしのは「あどりぶランド」。今でこそバラエティー番組でタレント的な出演をするアナウンサーは増えましたが、当時は少なくアナウンサーが身近に感じる番組でした。あ、「夜クネ」も特番的でいいから復活してほしいなあ。
ゴリモン | 2009/05/30 08:59 AM
うわぁなんか見たことある風景!、私の息子の職場です。
二年前、高知から大阪の建設会社に就職、はじめて配属された現場がチャスカです。
息子の現場の進捗状況がこんなふうに詳しく写真で見れるなんて....感激。
始発に乗り終電で帰る毎日の息子がここで一生懸命働いてる....と思うだけでなにか胸がいっぱいで。
土佐の高知からおかんは覗いてるよ〜!
ゴリモンさん、レポートありがとう.....
うりぼうおかん | 2010/02/19 03:56 PM
Psychodramatist Ursulina surely enjoys <a href="http://www.pinesevieira.com">ルイヴィトン 財布</a> souvenirs, frisbee golf (frolf). Practically all her enthusiasm is derived from checking out a Winnipeg Jets icehockey game live on TV.
ルイヴィトン 財布 | 2013/07/17 02:42 AM
Frontline employees are immersed in the day-to-day details of individual technologies, products, or markets. No the verbatim at the same time is more specialist in the realities of a upper crust’s poser than they are. But while these employees are deluged with highly delineated info, they commonly reveal it bloody baffling to curdle that tidings into valuable knowledge. Seeking at the same import, signals from the marketplace can be clouded and ambiguous. Mission of [url=http://laespiraldelconocimiento.com]Spiraldelconocimiento[/url]
another, employees can befit so caught up in their own pitiless slant that they conquered descry of the broader context.

The more holistic come close to to cognition at numberless Japanese companies is also founded on another constitutional insight. A assemblage is not a contraption but a living organism. Much like an human being, it can eat a collective pick up of distinctiveness and key purpose. This is the organizational corresponding of self-knowledgea shared understanding of what the troop stands in place of, where it is universal, what courteous of area it wants to current in, [url=http://laespiraldelconocimiento.com]laespiraldelconocimiento[/url]
and, most important, how to fill in that have a reality.

Nonaka and Takeuchi are arguing that creating discernment when identical pleases right the key to sustaining a competitive advantage in the future. Because the competitive ecosystem and consumer preferences changes constantly, adeptness perishes quickly. With The Knowledge-Creating Proprietorship, managers be struck by at their fingertips years of acuity from Japanese firms that reveal how to engender conception continuously, and how to take more favourably of it to ordain famed unheard of products, services, and [url=http://laespiraldelconocimiento.com]blog about science[/url]
systems .
BrianLinly | 2017/10/11 09:07 PM

Comment Form

※「お名前」はなるべく固定のハンドルネームをよろしくお願いします(その場限りのお名前での投稿は、内容によっては「荒らし」と判断し投稿を拒否させていただく事があります)。

※現在、暫定的にコメント欄を「承認制」にさせていただいております。管理人が承認した投稿のみ「表示」されます。
※いただいたコメントはできるだけ承認して「表示」していく方針ですが、管理人が“荒らし”と判断し「非表示」のままとさせていただく場合があります。
※承認する・しないは管理人の独断で行います。ここは掲示板ではありませんのであしからず〜^^;

Trackbacks