<< スカイビルのウィンドウアート | main | 西梅田を定点対比 2003-2008 >>

新北ビルの気になる鉄骨 3

081003_015
12の続き。アクティ大阪から現地を見てみました。

081003_096
このグレーの鉄骨全体がグイ〜ンとせり出すわけですね。
#大きめの画像をこちらにもアップしていますのでよろしければどうぞ。(各画像の「ALL SIZE」アイコンをクリック)
新北ビル03
手前方向に向けて橋上駅舎が建設されます。何回かにわけて鉄骨を送り出してアクティ大阪へドッキングさせるわけですね。3本ずつ柱が建てられる場所が確認できます。

新北ビル04
一番北側には既に何やら構造物が作られています。

新北ビル05
手前はまだこんな状態。ホーム屋根に穴の用意だけされています。


081003_216
アクティ大阪の27F。いろいろ見所が多いので通う頻度が増えそうです。
そうそう、先週は高層棟部に新しく5本目のタワークレーンが登場しています。他のクレーンは丸い柱ですがこちらは四角ですね。

新北ビル07新北ビル08
そのクレーンの向こうには途中まで解体された旧ホームが。
個人的にはこういう新旧の組み合わせにたまらなく“萌え”てしまいます^^;


[おまけ]
081003_286 081003_292
そのアクティ大阪の展望階フロアなのですが、からくり人形展が始まっています。展示の他に公演もあってなかなか面白い。
なんでも江戸時代には道頓堀にからくり人形小屋があったりと、大阪には古くから からくり人形の歴史があるらしい。ロボット産業の開発拠点が作られる北ヤードを目前に、からくり人形の実演。ええがなええがな♪
大阪駅再開発 | 2008.10.04 Sat | 12:10 | コメント (5) | トラックバック (0)

新北ビルの気になる鉄骨 3






Comments

こんにちわ。

写真を見ますと、どうやらホームの上に柱などを作って、その上にこの鉄骨の塊を乗せていくのですね。

そうなると、南側(アクティ側)にも相当頑丈な「受け皿」が必要になると思いますが、どうするんでしょうね。環状線ホームとアクティの間って、そんなスペースありましたっけ?それともアクティに直結?
ユースケ | 2008/10/04 04:05 PM
トップ画像かなりカッコいいですね。
巨大ドーム(屋根)部分の組み立ても楽しみです。
たろ | 2008/10/04 07:43 PM
どもどもです。

≫ユースケさん
何回か「送り出し」があっていずれアクティとドッキングするのでしょうけど、どんな工事になるのでしょうね。まあ南北の通路を開通させるのはまだ先でしょうから、当分は駅上だけの工事になるのでしょうけど。

≫たろさん
確か新北ビルが2011年春にオープンして、その年末にドーム屋根が完成する予定でしたよね。
あと3年ちょい‥‥見所はかなり多いのでは♪僕も楽しみです。
ゴリモン | 2008/10/05 02:18 PM
ごりもんさん
はじめまして。
今日、時間があったのでアクティに行ってきたのですが、気になる鉄骨移動しているみたいです。
いつ動いたんでしょ??
とも | 2008/10/08 12:04 AM
ともさん、どもです。
コメントをいただいているのに気づいていませんでした。すみません。
鉄骨は一度に結構大きく移動しますよね。最近の移動日は把握できていないので、大きく移動しているのに毎回驚いてます^^;
ゴリモン | 2008/12/09 09:01 AM

Comment Form

※「お名前」はなるべく固定のハンドルネームをよろしくお願いします(その場限りのお名前での投稿は、内容によっては「荒らし」と判断し投稿を拒否させていただく事があります)。

※現在、暫定的にコメント欄を「承認制」にさせていただいております。管理人が承認した投稿のみ「表示」されます。
※いただいたコメントはできるだけ承認して「表示」していく方針ですが、管理人が“荒らし”と判断し「非表示」のままとさせていただく場合があります。
※承認する・しないは管理人の独断で行います。ここは掲示板ではありませんのであしからず〜^^;

Trackbacks