<< ニュースいろいろ | main | 西梅田が ますますメカっぽい >>

カムチャッカ半島からのお客さん 〜その後〜

先月に書いた中之島のユリカモメの記事の続きです。(→過去記事
ここ最近は姿を見かけなくなったので、みんなカムチャッカへ帰っちゃったのかなーと思っていたのですが、「まだ大阪にいるよ」との情報が。

干潟再生実験1
その場所は淀川です。(JRの橋脚のすぐ横→MAP
川辺に土を盛って干潟が作られているのですが‥‥

ユリカモメ1
ほら?たくさんいるでしょ?

ユリカモメ2
間違いなくユリカモメです。200〜300羽はいるかなあ。

土の中をつついて虫を食べていました。だんだん暖かくなって北国へ帰る時期が近づいてきています。長旅へむけての腹ごしらえでしょうか。




[おまけ写真]
カモメがとんだ1
カモメーがとんーだー
大阪いろいろ | 2007.03.26 Mon | 08:52 | コメント (4) | トラックバック (0)

カムチャッカ半島からのお客さん 〜その後〜






Comments

「ハーバーライトが〜」
渡辺真知子ですね^^。

淀川って最近、珍しい鳥や他の生物の生息地域になってると聞きました。「干潟再生」って、いい試みをしていますねえ。知らなかった。
ふぉーた | 2007/03/26 02:20 PM
結局、前回の記事をを見て・・全編渡り鳥の群れといっしょに翔んでいるような、2003年のヒット映画"WATARIDORI"の
DVDを買(こ)うてしもたー・・[もう一つの"WATARIDORI"]というメイキング短編が付いていて撮影のヒミツがよくわかりましたが、最長は北極と南極を往復している渡り鳥もいるそうで驚きました。

余談ですが、昨日甲子園で、奪三振20のタイ記録樹立の帝京大田投手の愛鳥家のパパは、彼に「アトリ」あと二人の子に「ツグミ」「コルリ」(いずれも正式な文字は不明ですが)と、小鳥の名前をつけたそうです。
コルリはあまり知らないですが、やはり愛鳥家!だった子供のころ、アトリとかツグミは飼育していましたし、それを囮に・・・・・・ツグミはいまの家にも沢山来ますが・・・いまは見るだけです。そういえば、2号線の交差点の角にあった焼き鳥屋もなくなっていました。
いよいよ、甲子園のシーズンがやってきましたね。ことしは鳥谷に期待しています。
e_fan | 2007/03/26 03:11 PM
これはよい長距離走で横目で見ていた干潟w

すぐそばに大きな花畑(何の花だっけ?)があって、走ってる最中はその花が満開で。そのときはたいそう癒されたものでした。
KITASENRI | 2007/03/26 09:57 PM
どもどもです。

≫ふぉーたさん
そう、渡辺真知子です^^
昔の淀川は干潟も多かったのだけど、高度成長期の地盤沈下で干潟は消滅していたらしいです。

≫e_fanさん
“鳥”な話題をども。最後の鳥谷はウマイ!
WATARIDORIなんて映画があるのですか。ネットでの評判を見たら良さげな映画ですね。
渡り鳥の映画といえば僕は「グース」を思い出しました。<ガチョウだけど

≫KITASENRI さん
長距離走って河川敷を走るんでしょかね。
大きな花畑があるのは知りませんでした。
ゴリモン | 2007/03/27 09:08 AM

Comment Form

※「お名前」はなるべく固定のハンドルネームをよろしくお願いします(その場限りのお名前での投稿は、内容によっては「荒らし」と判断し投稿を拒否させていただく事があります)。

※現在、暫定的にコメント欄を「承認制」にさせていただいております。管理人が承認した投稿のみ「表示」されます。
※いただいたコメントはできるだけ承認して「表示」していく方針ですが、管理人が“荒らし”と判断し「非表示」のままとさせていただく場合があります。
※承認する・しないは管理人の独断で行います。ここは掲示板ではありませんのであしからず〜^^;

Trackbacks