<< 見納め梅田阪急ビル〜その1 | main | 通称「西一踏切」 >>

見納め梅田阪急ビル〜その2

外観に続いては、いよいよ建物内部を。


まずは一番南端の空間。
この広間から百貨店前を抜けて梅田駅へと続く長いコンコース、その昔は阪急電車のプラットホームだったんです。知ってました?
そしてここは待合ホールとして使われていた場所で、伊東忠太という建築家が設計したそうです。


たくさんの壁画があるのですが、この壁画も伊東忠太によるものだそうです。
↓このサイトに詳しい説明があるのでどうぞ。
『忠太の壁画』建物探訪「旅のしおり」


そしてアトリウムへ。
レトロな装飾、阪急百貨店のショーウィンドー等、この空間が好きな人はかなり多いはず。映画「ブラックレイン」のロケでも使われた場所です。
そういえば現在の新生銀行のある一角、少し前まではドコモのショールームでした。そしてさらに昔はISUZUのショールームだったよなあ‥‥。よく待ち合わせ場所にしたもんです。


「ブラックレイン」のカットを真似てみる‥‥(笑)
ステンドグラスがあって教会っぽいですが十字架は見あたりません。<そりゃそうだ
知ってました?このステンドグラスの光は外光でなく蛍光灯の照明なんですよ。


↓このコンコースについてもっと知りたい方にはこちらのサイトがお薦めです♪

『懐カシノ阪急ノ駅舎』建物探訪「旅のしおり」
『阪急ビルディング』建築マップ
阪急百貨店建て替え > ・うめだ阪急〜2007 | 2005.04.05 Tue | 08:42 | コメント (10) | トラックバック (0)

見納め梅田阪急ビル〜その2






Comments

止まっている観覧車、とかの絵づらはないのですか?
ハハハ
kissy | 2005/04/05 04:55 PM
あの観覧車って落雷が起きた時は運転を停めるんですねー。この前の日曜は驚きました。でもその時の写真は撮ってないっすよ〜(笑)
ゴリモン | 2005/04/06 01:38 AM
建築探訪さんの旅のしおりについて 間違いがあります伊東忠太の設計部分はい-2F吹抜けのアーチ及びモザイク等の部分のみシャンデリアも現在の物は違います。ちなみに1基1千万ぐらいだと聞いています。
建築マップさんのサイトにはアールヌーヴォー調とかかれておりましたが全館完成時に意匠を統一した時のテーマはザ・ロココでした。阪急さんの研修施設に伺うと創業の頃からのお勉強をいたします。
ぽり | 2005/05/30 10:44 PM
はじめまして、ぽりさん。お詳しいですね。
という事はあのシャンデリアは昭和4年のものではない???
“阪急さんの研修施設”というのは一般の人間でも立ち入れる施設なんでしょうか。気になります〜。
ゴリモン | 2005/05/31 08:15 AM
>ゴリモンさん

横レスすいません。昭和4年の建築当時のものではないのは明らかなようです。"阪急ステーション"P19昭和21年の写真では、シャンデリアが下がっておらず、ベースだけが写っています。祖父から聞いた話でも、「終戦のずいぶん前も、無かったような気がする。(それ以前は不明)」と言ってました(古い記憶ですから、曖昧ですが)。戦時中は贅沢な造りはご法度だったのでしょうね。
その直後に新造されたとして、昭和21年製。

さらに、
http://www003.upp.so-net.ne.jp/masako-m/4glass2.html
↑こちらのサイトでは昭和47年に新造されたと書いてあるような感じです。時計と同時期ですので、駅移設は当時阪急の大事業だったのでしょうね。
sae | 2005/06/01 12:07 PM
ども。いろいろ勉強になります!

現在のシャンデリアは少なくとも戦後に設置されたものなのですね。
でも昭和21年当時に台座はあったって事は、ひょっとしたら元々シャンデリアがあって、戦争のためいったん撤去された可能性もありますよね。

あーだこーだ想像するのは楽しい(笑)
しかし1基が1000万円だとか2000万円とか、凄い高価もんがぶら下がってるもんですねー。解体後はどうなるんだろ。
ゴリモン | 2005/06/01 01:13 PM
阪急さんはこまめに自社の冊子を出版されていますのでそちらを見てはいかがでしょうか。それと宝塚歌劇団系でかつて宝塚映像という映画会社がありましてそこで鉄道創業百貨店創業の頃からの記録映像が残っています。
創業当時のシャンデリアも当然映っております。saeさんの指摘の写真の頃は金属供出令で軍に供出したころのものだと思います。シャンデリアは大小ありますが小さいほうの価格です。大きいほうはわかりませんので指摘の価格かも知れません。万博に合わせた大改造では外壁も変わっています。今はベージュのタイルですが御堂筋側に1-2期は心斎橋大丸と同じ茶色のスクラッチタイルでした。最終的に全館ベージュのタイル貼になっています。
ぽり | 2005/06/04 02:17 AM
ぽりさん、どうも。
やっぱり、創業当時にもシャンデリアがあったんですね。どんなものなのかなー?

宝塚映像って、確か阪急電車提供のTVドラマを作っていた会社ですよね?何となく憶えています。
阪急の冊子はいろいろ見てみる事にします♪
ゴリモン | 2005/06/05 12:07 AM
阪急リニューアルの話題に関してブログ掲載しましたのでリンク張らせてもらっていいでしょうか?
kakazuzu | 2012/12/01 12:46 PM
kakazuzuさん、どうもです。
ブログ記事を拝見しました。古い記事にスポットを当てていただきサンキュです^^
ゴリモン | 2012/12/02 11:46 AM

Comment Form

※「お名前」はなるべく固定のハンドルネームをよろしくお願いします(その場限りのお名前での投稿は、内容によっては「荒らし」と判断し投稿を拒否させていただく事があります)。

※現在、暫定的にコメント欄を「承認制」にさせていただいております。管理人が承認した投稿のみ「表示」されます。
※いただいたコメントはできるだけ承認して「表示」していく方針ですが、管理人が“荒らし”と判断し「非表示」のままとさせていただく場合があります。
※承認する・しないは管理人の独断で行います。ここは掲示板ではありませんのであしからず〜^^;

Trackbacks