<< 梅田の北に隣接している街並みいろいろ 2 | main | ばんぱく ばんざい >>

大阪ハムレット映画化/太陽の塔を大改造?

映画の話題を2つ。

■大阪ハムレット
大阪ハムレット
コミックの「大阪ハムレット」が映画になりました。原作は好きだけど何故映画化〜?松坂慶子が大阪のオカン役〜?と思いつつ‥‥、公式サイトが良さげだったのと、昨日に役者さんの舞台挨拶があると聞いたので行ってみました。

で。あまり細かく書いちゃうとネタバレになっちゃうけど、いい映画でしたよ。やはり関西出身の役者かどうかで大阪弁に差があるなあとか、大阪人でない監督が撮っているからか“大阪らしさ”がちょっとヘンだなあとか、ツッコミどころは多いです。だけど泣ける映画です。3人の息子の演技がめっちゃ良いです。興味のある人は是非どうぞ。
余談ですが、劇中にスカイビルの空中庭園のシーンがあります。それを観ている映画館がその真下(スカイビル3Fのシネリーブル梅田)だったので少し不思議な感じがしましたです。


■20世紀少年
20世紀少年POP
ところで昨日は映画のハシゴをしました。TOHOシネマズへ007を観に行ったのですがホールに20世紀少年のこんな宣伝パネルがありました。「ともだちの塔」部分が立体になっています。20世紀少年といえば‥‥

『「太陽の塔」1日だけ「ともだちの塔」…総費用8000万円で大変身!』 cash スポーツ報知

本日19日、万博公園で映画のプロモーションイベントがあって「太陽の塔」を「ともだちの塔」に改造するらしい。
“イベントで“改造”するのは塔の中央部分の「現在の太陽」と、頂上にある「未来の太陽」。「現在―」は直径11.5メートルのバルーンをかぶせワイヤで固定。「未来―」は塔の後ろから200トンのクレーンで“目玉マーク”をつるす”
‥‥マジでえ!? しかし1時間ほどのPRイベントらしいのですが、それだけに8,000万円かけるって凄い。
大阪いろいろ | 2009.01.19 Mon | 08:35 | コメント (2) | トラックバック (3)

大阪ハムレット映画化/太陽の塔を大改造?






Comments

こんばんは、
以前、私は図書館の郷土資料コーナーにおいて大阪が舞台となったテレビドラマや映画に関する本が置いてあり、その本を食い入るように読みはった記憶がおます。
そんな私も映画ではないですけど、昔BK制作の「ふたりっ子」=あの「マナ」「カナ」が出て話題をまいたことでも知られてますが=のロケを生で見たことがあり、あの時は南海電車本線と阪堺電車の鉄橋の間の大和川の堤防においてロケをやらはりましたけど、このドラマにおける主役の一人やった岩崎ひろみさんが撮影現場にいたのを覚えてはります。
ほな、今日のとこはこの辺にて失礼します。
おくらと | 2009/01/20 12:09 AM
おくらとさん、どもです。

そういえば僕は映画やドラマのロケをナマで見た記憶がありません。ちょっと残
念かもー。
ただ関西ローカルの番組っぽいものなら芸人さんやアナウンサーならよく遭遇しますね。
岩崎ひろみさんは先日久しぶりにTVで見かけたのですが、お母さんになっていたので驚きました。
ゴリモン | 2009/01/20 09:01 AM

Comment Form

※「お名前」はなるべく固定のハンドルネームをよろしくお願いします(その場限りのお名前での投稿は、内容によっては「荒らし」と判断し投稿を拒否させていただく事があります)。

※現在、暫定的にコメント欄を「承認制」にさせていただいております。管理人が承認した投稿のみ「表示」されます。
※いただいたコメントはできるだけ承認して「表示」していく方針ですが、管理人が“荒らし”と判断し「非表示」のままとさせていただく場合があります。
※承認する・しないは管理人の独断で行います。ここは掲示板ではありませんのであしからず〜^^;

Trackbacks

松坂慶子、ダイナマイトボディに視線集中 | あの人はこんな方 | 2009/01/19 10:20 AM
熟女美!松坂慶子、胸元あいたセクシードレス姿で登場!ダイナマイトボディに視線集中17日、映画『大阪ハムレット』が公開初日を迎え、光石富士朗監督、主演の松坂慶子、岸部一徳、そして森田直幸、久野雅弘、大塚智哉がシネスイッチ銀座で舞台あいさつを行った。胸元が広く開いたドレス姿で登場し、迫力あるダイナマイト...
f20u3Ba0F謀††BFgFB | 映画 | 2009/01/19 12:05 PM
映画について調べています。いろいろありますなぁ ブログで拾ってみました。とりあ...
05F04B04Cf20u3B05508C069f20u3B | 映画 | 2009/01/19 08:50 PM
何気にはまってる映画。インターネットには沢山の映画に関連したブログやHPがあり...