<< 工事現場めぐり(茶屋町・鶴野町・豊崎) | main | ガラス萌え >>

工事現場めぐり(大阪駅周辺)

曽根崎警察前から阪急
曽根崎警察前から見る阪急前の交差点。 ‥‥空が広い!
写真右の富国生命ビルも間もなく取り壊しが始まります。解体後はますます空が広くなるのでしょう。

阪急百貨店2007秋1
「阪急百貨店の基礎工事が終わってるみたいよ」とコメントをいただいたので現地を見に行ってみました。なるほど、ごつい重機(参考:過去記事)の姿が消えて鉄骨が組まれ始めています。

阪急百貨店2007秋2
プチ鉄骨萌え。丸い穴がかわいいっす。

阪急百貨店2007秋3
奥では鉄骨を搬入していました。
場所によって鉄骨の形状が違いますね。

阪急百貨店2007秋4
こちらの鉄骨もちょっと変わった形です。
しかしこういう都心の建物って、更地から新しいビルを建てるのとは少し勝手が違うのでしょうね。どこまでが新しい基礎で、どこが古い躯体で、どれが地下街の壁か判りません。工事も複雑やろなあ。


大阪駅2007秋1
場所を移動しました。ヨドバシカメラの8Fからです。
駅北ビルの解体が完全に終わったので、大阪駅もガランとした状態ですね。

大阪駅2007秋2
中央出口あたり。

大阪駅2007秋3
通路の上のこの部分だけ古い躯体が残っています。

大阪駅2007秋4
新しいビルの基礎部分。
詳しい事は解らないけど、現場によって工事の方法もいろいろですね。


大阪駅2007秋5
さらに場所を移動しました。ヨドバシ2Fのコムサカフェから。
ここからの眺めも賑やかになってきました。

大阪駅2007秋6
わいわい。

大阪駅2007秋7
がやがや。


ところで北ヤードの方は相変わらずで大きな工事はまだ始まっていません。
小さな変化はあるのでその辺りは改めて後日に。
ちゅうか定点観測のアップが疎かな状態だねえ‥‥‥すみませぬ^^;
阪急百貨店建て替え > ・うめだ阪急〜2007 | 2007.11.10 Sat | 10:43 | コメント (17) | トラックバック (1)

工事現場めぐり(大阪駅周辺)






Comments

 こんにちは。
ようやく阪急百貨店で鉄骨が見え始めたのですね。

 それにしても面白いのが横組みの鉄骨で穴が開いている
ものと、穴が開いてないものがある事。

 この穴が開いた鉄骨は軽量化の為なのか。
 しかし、そうすると穴が開いていない鉄骨があるのは何故
なのか?
 軽量化の為ではなくて、配管・配線を通す為なのか?

 建物の建設途中の姿は沢山の「?」があるから面白い。
よっさん | 2007/11/10 12:46 PM
SketchUpが日本語版になった機会に、また新しい阪急・新しい大阪駅・北ヤードのビル群を建てたいと思っていますが・・・永遠に未完成みたいです

http://www.flickr.com/photos/pinboke/1927674790/
e_fan | 2007/11/10 12:50 PM
こんにちは、
【引用】>更地から新しいビルを建てるのとは少し勝手が違うのでしょうね。どこまでが新しい基礎で、どこが古い躯体で、どれが地下街の壁か判りません<【引用終】
アクティ大阪は、施工する際、旧杭も利用しました。 前の駅舎の旧杭が、使えるかどうか?圧力をかけ、テストしたのを思い出しました。 阪急百貨店の場合は、どうだったんでしょうねぇ〜
義一 | 2007/11/10 01:18 PM
遂に阪急の建替工事も鉄骨が現れてきたのですね。
タワークレーンが出現するのもそう遠くはなさそうですね。

旧の建物の基礎を再利用というと、確か淀屋橋のアパのタワーマンションが
昔の銀行本店の基礎を再利用する工法ということで、施工会社の
HPに載っていたような記憶があります。
りりぃ | 2007/11/10 04:52 PM
 いよいよ阪急も鉄骨が現れていよいよですね♪
 ここまでくるのが少し、長かったような・・・・

 ところで今日、東京ドームでアジアシリーズを観た後、神
 保町の本屋でようやく大大阪モダン建築を購入。
 去年購入したミームVol、06の人の力が作る大阪空間と並 んで素晴らしい本です。
 
 ご存知か存じ上げませんが、ソースを貼っておきます。
 http://www.amazon.co.jp/meme%E3%80%88Vol-06%E3%80%89%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%8A%9B%E3%81%8C%E4%BD%9C%E3%82%8B%E5%A4%A7%E9%98%AA%E7%A9%BA%E9%96%93%E2%80%95%E7%A9%BA%E9%96%93%E3%81%AE%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E7%99%BA%E8%A6%8B%E3%82%92%E8%80%83%E5%AF%9F%E3%81%99%E3%82%8B/dp/4897375665
キンキ | 2007/11/10 11:08 PM
今まであったものが無くなった景色って発見がいろいろありますよね。
いつか新しいビルが出来上がったとき、その過去の景色もどんどん薄れてしまうんだろうなぁ。

・・・今博多に来てますが、たぶん6、7年ぶりで、えらく変化してて付いていけなかったです。(苦笑)
かすみ | 2007/11/11 07:04 AM
阪急、くいの施工の時に鉄骨柱を建て込み、この写真からは一階の床を施工するのでは。一般的には逆打ち工法の様に見えます。

りりい様のアパホテル、当時の協和銀行大阪事務センターでした。仮設の外壁周りのRC山止め壁を再利用したようです。この建物には杭はありません。
takatakataka | 2007/11/11 10:07 PM
阪急、鉄骨、良いかっこうしてますねぇ。
斜めになってるのは、斜めに上がるんでしょうね。
1階はどんな感じになるんだろうなぁ。。。。

知らないことは書けません。はい。
あすか | 2007/11/11 10:51 PM
鉄骨に空いている穴は「スリーブ」と言って設備配管を通すための穴です。
穴の数が多ければ多いほど鉄骨の強度は落ちていきます。なので梁には穴を開けますが、柱には絶対に穴を開けません。

ちゃんとしたゼネコンさんであれば「スリーブ補強」というのを施すはずなので大丈夫だと思います。

以上、コネタでした。
まっしゅ | 2007/11/11 11:42 PM
どもどもです。

≫よっさん
梁の穴は設備配管を通す場所だそうで。なるほど柱には開いていないや。
構造や建て方にもいろいろあるんで見ていて楽しいですよね。

≫e_fanさん
ウチは日本語版出たのに‥‥全然使えてないです。ありゃりゃ^^;

≫りりぃさん
takatakatakaさん情報によると淀屋橋は協和銀行の建物だったそうで。
取り壊されても一部が残され活用してもらえれば旧いビルも建物として本望‥‥かな?
阪急の現場にタワークレーンが出現するのが楽しみです。かなり地下そうですね。

≫キンキさん
ここまで来るのは少しどころじゃなく、かなり長かったような。
旧い基礎は頑丈で、営業しながらの建て替えで、しかも人通りの多い駅や地下街に隣接していて‥‥と
それだけ大変な工事だったという事なんでしょうね。建設会社が変わっちゃうくらいやし^^;
ミームの大阪編と東京編はセットで読みました。ええ本ですね。

≫かすみさん
新しいビルが完成したら、周囲の変わらぬ建物も見え方も変わってくるわけで面白いなーと思います。
博多ですか。12〜3年ほど行ってないです^^;

≫takatakatakaさん
淀屋橋の協和銀行の建物ですか。フォローありがとうございます♪
ずっと見えない部分での工事が続いていたのでこれからはウォッチングのしがいもありそうです。
よければまたフォローを下さい^^

≫あすかさん
簡単な完成予定図しか公開されていないし、この斜めはどう使われるかは解らないですねえ。
ひょっとしたら面白いデザインとなる新・コンコースのあしもとだったりして。

≫まっしゅさん
「スリーブ」ですね。解説ありがとございます♪
効率よく強度を保っているわけか。なるほど柱には開いていないや^^
ゴリモン | 2007/11/12 09:33 AM
そういえば、心斎橋そごうも前の旧建物の基礎を利用したって竹中工務店のサイトに載ってました。
奈良人 | 2007/11/12 08:12 PM
おお!奇遇ですね!
私も最近、ガラス萌えしました。
というわけで、タイトル真似てガラス萌え実況を
書いてみました。
まっしゅ | 2007/11/13 10:45 PM
どもどもです。

≫奈良人さん
既存基礎を利用するのはよくあるもんなのでしょうかね。
工期も短くなるし費用も安くなるだろうし悪い点が無い??

≫まっしゅさん
最近気づいた事があります。
「解体萌え」「鉄骨萌え」「ガラス萌え」‥‥都会はこのセットが多いです♪
ゴリモン | 2007/11/14 09:51 AM
きっと、そのうち
「階段萌え」とか「連窓萌え」とか
訳のわからない萌え方をしている
自分に気付くはずです(笑)
まっしゅ | 2007/11/14 09:33 PM
あ、ほんとだ。既に階段と連窓等に萌えているかも!
このまま観察眼を鍛えて、まっしゅ化を目指します^^
ゴリモン | 2007/11/15 09:29 AM
既存基礎(既存くい)を再利用することは可能ですが、杭体の健全性、鉛直支持耐力の実証、水平耐力の実証、新設杭との混用、などについての作業が大変で一般のゼネコンではその煩雑な手順(実証、官庁への説明など)のためなかなか出来ません。
単純にはさせていただけないのが現実です。国家的損失とは思いますが解体、撤去が一般的な選択になります。
takatakataka | 2007/11/15 06:43 PM
takatakatakaさん、詳しい解説をどもです。素人には基礎の流用ってお手軽に感じていたのですがその逆なんですね^^;
しかし耐震不足を理由に近代建築が建て替える事がよくありますが、同様に補強工事だと“煩雑な手順”が要るからという理由もありそう‥‥。
ゴリモン | 2007/11/17 08:36 AM

Comment Form

※「お名前」はなるべく固定のハンドルネームをよろしくお願いします(その場限りのお名前での投稿は、内容によっては「荒らし」と判断し投稿を拒否させていただく事があります)。

※現在、暫定的にコメント欄を「承認制」にさせていただいております。管理人が承認した投稿のみ「表示」されます。
※いただいたコメントはできるだけ承認して「表示」していく方針ですが、管理人が“荒らし”と判断し「非表示」のままとさせていただく場合があります。
※承認する・しないは管理人の独断で行います。ここは掲示板ではありませんのであしからず〜^^;

Trackbacks

ガラス萌え〜新国立美術館にて〜 | まっしゅ★たわごと | 2007/11/13 10:44 PM
 六本木にある新国立美術館に行ってきた。黒川紀章氏がご存命の頃は「四角い箱にビラビラを取って付けた冴えない建物」ぐらいにしか思って無かった。夢のない話だが、名声と金の投資を惜しまなければ、巨大建築はどんなものでも出来るのだと思っていたのであるが、氏が逝去された今となって、やっとこの建物を一度見...